Audacityロゴ

音楽編集ソフトのおすすめはAudacity!その簡単な使い方

スクリーンショット++
ダンスの発表会、カラオケやコーラスの練習、その他でCDから曲をコピーし編集したいと思う人は多いと思います。
私も社交ダンスのサークルに入っているもので、そういう作業を頼まれます。

私が使っている音楽編集ソフトは Audacity というものです。

多機能ですが、絞って使えば誰にでも簡単に使えます。しかも無料のソフトです!

誰にでも使えるよう、わかりやすく解説しましたので、あなたもぜひ使ってみてくださいね。 自分で曲の編集ができるとても楽しいですよ!(著作権侵害にならないようあくまで個人で楽しむ範囲でお使いくださいね)

これから解説するのは、この2つです。

〈1〉CDの曲データをAudacityで使える形式に変える

〈2〉曲データをAudacityで短くしたり、加工する

以下順番に説明します。

〈1〉CDのデータをWAVにする

CDに入っているデータはそのままでは編集ソフトで扱えません。 そのため、編集できる「WAV(ワブ、またはウェーブ)」という形式に変えます。

CDのデータをWAVにするには、Windows Media Player を使います。通常パソコンに入っているはずですが、もしお持ちでなければ検索してダウンロード、インストールしてください。

以下、インストールされた後の作業です。

  1. Windows Media Playerを起動させる。
  2. CDを入れる。
  3. Windows Media Playerのメニューに「取り込みの設定」があるのを確認する。
    ※もし見えない時は「再生リストの作成」の横に 〉〉のマークが出ていたらその中にあります。
  4. 入れたCDのタイトルと曲目リストが出ていると思います。その前にチェックをつける四角があるので、取り出したい曲のものをクリックする(チェックマークがつきます)。
  5. 取り込みの設定 → 形式 → WAV(無損失)を選ぶ
  6. 「CDの取り込み」を選ぶ。これでデータの変換が行われます(少し時間がかかる場合があります)
    取り込みオプションの画面が出ますので中と下にチェックをつけて「OK」を押す → 取り込んでいます という緑色のバーがでます

  7. 取り込みが終了すると「マイ ミュージック」フォルダの中に、CDの名前でフォルダができていて、その中に選んだ曲が○○○○.wav という形でできているはずです。これが、Audacityで使えるWAVデータです。

〈2〉WAVファイルをAudacityで開く

「Audacity」のダウンロードはこちらから
http://audacity.sourceforge.net/download/?lang=jaスクリーンショット(2014-08-17 14.54.57)

  1. [Audacityを起動する]
    アイコンをダブルクリック、もしくはスタートメニューからAudacityを起動します。 → 編集する最初の画面が表示されます。
  2. 「マイミュージック」の中の、先ほど取り込んだCDのフォルダを開き、曲のデータファイル(.WAV)が見える状態にしておく。
  3. 編集したい曲のアイコンをAudacityの画面の濃いグレーのところにドラッグ&ドロップする。
  4. この時、「非圧縮オーディオファイルを取り込むには・・・」という画面が出ますので、取り込み方法の一番上、「編集の前に非圧縮の・・・」をチェックしてOKにする。 ↓

    取り込みのグリーンのバーが現れて、ちょっと待つとブルーの波形が2つ表示されるはずです。これが取り込んだ曲のデータです。(ステレオですから左と右の2つ波形が出てきます)ここまでできれば自由に編集ができます。

〈3〉Audacityの基本ツール

画面にたくさんツールがあるので難しく感じるかもしれませんが、実際に使うところは多くありません。また、ツールにマウスのポインターを当てると何のツールかが表示されるので、それも参考になりますよ。

スクリーンショット(2014-08-17 14.55.09)
右の画像で、上に並んでいる6つのボタン。これが曲の再生や停止を行うところです。

グリーンの右向きの三角のボタンを押してみてください。取り込んだ曲が流れてくればOKです。いちばん左の二本線のを押すと一時停止、3つめの四角を押すと完全に停止をします。

その下のスピーカーのようなマークのあるスライドバーは再生するときの音量調整です。 (ここを動かしても編集している曲の音量には関係しません)

曲を再生していると緑の小さい三角形と縦線が移動していくのがわかると思います。そこが今再生している場所 です。

数字は曲の頭からの時間です。一部分だけを再生したい時は、この、時間が書いてあるエリアをドラッグします。

左右の矢印が表示され、その範囲だけが再生されます。

〈4〉一部消去とフェードアウト

曲を編集し、つなげるためには、消去 することとフェードアウト が必要です。とはいえ、難しいことはありません。

  1. マウスポインターを波形のエリアに入れると 英字のI のようになります。確認してください。
  2. 曲を聴いて、どこから消去するかを決めます。波形のエリアでマウスをクリックすると、そこに縦線が入り、再生ボタンを押すとそこから再生が始まりますからよく確認してください。ちなみにこの時、一番下の「選択開始:」のところに、この位置(頭からの時間)が表示されます。
  3. 位置を決めたら、そこから右にドラッグして、最後までドラッグします。きちんと選択されてれば、背景が濃いグレーになります。
  4. この状態で、キーボードのdeliteキーを押すとその部分が削除されます。 (編集画面のツールの中央に小さいですがはさみのアイコンがあります。これを押しても同じです)
  5. 今の形だと、ぷっつり切った状態になります。フェードアウト(音を徐々に小さくして消す)をしてみます。波形をドラッグして、フェードアウトしたい範囲を選択 してください。
  6. スクリーンショット(2014-08-17 14.57.21)

    選択したら、上のメニューの、「エフェクト」から「フェードアウト」を選びます。これだけです。

  7. 波形が右に行くにつれ小さくなっていると思います。

この時点でさらに2回、3回とメニューの「フェードアウト」を選ぶとさらに右が小さくなっていくのがわかると思います。再生ボタンで聴いてみてください。

「フェードアウト」はあまり時間が長いと効果を感じられません。通常2、3秒から、長くても5秒程度です。 私は、編集したい曲をまず後半ざっくり削除して、その後最後の2、3秒にフェードアウトをかけます。

〈5〉フェードイン

フェードアウトがわかったら、フェードイン は簡単です。

フェードインは、フェードアウトの逆で、無音から徐々に大きくなっていくこと。ですから曲の頭に用います。先ほどと同じ要領で、不要な前半部分を消し、頭の2、3秒を選んで「エフェクト」から「フェードイン」を選びます。

波形の左端が小さくなっていると思います。 聴いてみて、無音から徐々に大きくなるのを確認してください。

〈6〉クロスフェード

「2つの曲を自然に繋げる」には、1つ目の曲の最後をフェードアウトさせ、2つ目の曲の頭をフェードインさせ、そのフェイーイン・フェードアウトを重ねてなじませる 、という手法をとります。これがクロスフェードです。

  1. 1曲目が取り込まれている(表示されている)状態で2曲目のアイコンをドラッグドロップします。2曲目が取り込まれて、波形が4つになっているはずです。>
  2. これまでの要領で、1曲目の後半を削除し、最後の2、3秒にフェードアウトをかけます。
  3. 同じく2曲目の前半を削除し、頭の2、3秒にフェードインをかけます。
    曲データを移動します。曲を移動させるために、再生などの円6つの隣にある、6つの四角の中央下段、左右の矢印になっているところをクリックします。
  4. そのまま波形の上にもっていくとポインターが左右の矢印の形になります。この状態で左右にドラッグすると、曲全体が左右に移動します。
  5. フェードアウトの部分とフェードインの部分がうまく重なるように調整してみてください。この時点で、重なった感じを聴くには時間の書いてあるエリアの、その範囲をドラッグします。ドラッグした範囲だけが聴けます。
  6. 重なり具合が気に入るよう、聴きながら位置を調整してください。 気に入った重なりができればクロスフェードは終了です。

終わりに

Audacityの基本的なツールと使い方について書きました。もうだいぶ古いソフトになってしまいましたが、今でも十分に使えますし、もちろん無料というのもありますが、ここまで手軽に使える音楽編集ソフトは他にないと思います。

Audacityファンの一人として、あなたにもぜひいろんな場面で使っていっていただきたいなと思います。


よろしければAudacity関連の他の記事もご覧ください。

曲の途中をカットして編集したい時はこちらの記事をどうぞ。↓

関連記事

以前このブログで、音楽編集ソフト「Audacity」を使って、曲をカットしフェードアウトさせる方法、2つの曲をフェードアウト・フェードインを使って自然につなぐ方法などをお伝えしました。 →音楽編集ソフトのおすすめはAudacity!その[…]


曲や音声のテンポ(速度)を変えたい時はこちらの記事をどうぞ。
関連記事

お気に入りの曲のテンポを変えたい時がありますね。私の趣味のランニングでは、お気に入りの曲を聴きながら走りたくて、速さを調整したいと思うことがよくあります。もう一つの趣味である社交ダンスでも、この曲の速さを変えて踊って[…]

audacityの画面

動画・DVDから音声を取り出したいときは こちらの記事をどうぞ。
関連記事

YouTubeなどの動画、あるいはDVDから音声だけを抽出したいということは案外多いと思います。イベントのBGMに、パーティーの音楽に、ちょっとした効果音に・・・個人の趣味で使う限り、著作権的にもほとんどの場合問題ありません。[…]

Freemakeアイキャッチ


おすすめ記事(一部広告を含む)