ゆずのイメージアイキャッチ

2020年の冬至はいつ?冬至の日が3倍楽しくなる6つの雑学

  • 2014年8月23日
  • 2020年2月9日
  • 1777view
ゆずのイメージアイキャッチ

忘年会やクリスマスなど一年の締めくくりで忙しい12月。

でもそんな中、心も体もリラックスできる日本の素敵な行事がありますよね。
はい。「冬至」です。

「冬至にはゆず湯とかぼちゃで健康を祈る」というのが、今も続く日本の文化ですね。

ちなみに今年2020年の冬至は12月21日(月)ですよ。
そんな冬至のことをいろいろ調べてみました。

ゆず湯女性イラスト

ちなみに、冬至をまず辞書で調べてみましたら・・・

二十四節気の一。12月22日ごろ。太陽の中心が冬至点を通過する。北半球では一年中で昼がいちばん短く、夜がいちばん長くなる日。この日にはゆず湯に入ったり、地方によってはカボチャを食べたりする風習がある。

(デジタル大辞泉より引用)

また、同じく二十四節気を辞書で調べると

太陰太陽暦で季節を正しく示すために用いた語。1太陽年を太陽の黄経によって24等分し、その分点に節気と中気を交互に配列し、それぞれに季節の名称を与えたもの。(以下略)

(デジタル大辞泉より引用)
とありました。

天文学やら太陰暦やらの知識が必要そうですね・・(汗)(^_^;

冬至の日が3倍楽しくなる6つの雑学!

雑学1. 冬至点ってなに?

冬至点は太陽の通過点の一つなのですが、それをイメージするのはなかなか難しいです。

図にしてみましたのでご覧ください。

まず、地球を中心に、大宇宙を一つの球体にイメージします。
これが「天球」です。

そしてその天球上を、太陽や星が動くとイメージします。

地球のまわりを太陽が回っているというのはとてもイメージしにくいですけどね。

天球上で太陽が回っている軌道を「黄道(こうどう)」といいます。

地球の赤道をそのまま伸ばして天球にあたったところを「天の赤道」といいますが、これに対して黄道は23.5度傾いています。

この「黄道」と「天の赤道」が交差するところが2箇所あり、これが「春分点」「秋分点」となります。
そして、その中間が「夏至点」と「冬至点」となります。・・わかりにくいですね(苦笑)。

太陽が冬至点を通過する日を「冬至」といい、この日は北半球では一年のうちで昼が一番短く、夜が一番長くなります。(南半球では逆)

雑学2. 冬至はいつも同じ日じゃないの?

冬至は年によってずれます。

それは、太陽が一周するのがぴったり365日ならいいのですが、実際には多少のずれがあるからです。(そのため、うるう年があります)

冬至点を通過する日にずれが生じ、冬至とされる日も変わります。

冬至は、基本的には12月22日、うるう年は12月21日です。

今年2020年のあとは、2024年、2028、2032年が12月21日、ということになります。

雑学3. 冬至は日の入りがいちばん早いわけじゃない?

冬至が一年でいちばん昼が短いのはそうですが、日の入りの時間がいちばん早いわけではありません。通常、日の入りが一年で最も早いのは「冬至1週間前」頃です。

ちょっと意外ですね。

雑学4. なぜ冬至の頃ではなく2月頃がいちばん寒いの?

昼間がいちばん短い=太陽がでている時間がいちばん短い=いちばん寒いとなりそうなのに、実際最も寒いのは、例年2月頃ですね。

なぜでしょう。

理由は二つあります。
理由その1は、太陽の熱とそれを受けての地表の気温が変わることの時間差(タイムラグ)です。

太陽が当たるのが少なければそれだけ気温が低くなるはずですが、実際にはそれまでの気温が影響してすぐには低くなりません。いわゆるタイムラグがあって、じわじわと下がってきてしばらくしてからどっと低くなる。その時間差が1か月ほどと言われます。

また、理由その2は
日本の冬の寒さは、ユーラシア大陸からの大きな寒気団(シベリア寒気団)によるものですが、その寒気団が日本にやってくるまでに1〜2か月かかる、というのがもう一つの理由。

その二つが、1〜2か月後がいちばん寒くなる原因とされています。

ちょっと難しい話が続きましたね。
少し柔らかい話にしましょう。

雑学5. 冬至の日は何をする?その1【ゆず湯】

今、冬至というとまず「ゆず湯に入る」ですね。028633+

「ゆず湯に入る」は江戸時代初期の銭湯から始まったようです。

「冬至」とお湯で療養する「湯治(とうじ)」を語呂合わせしたとも言われますし、ゆずは「融通」にかけたと言われます。「湯治した体は融通が利く」とか。江戸の人たちはなかなか洒落っ気がありますね♪

ゆずの果汁に含まれる成分は体を温めますし、香りは神経をリラックスさせるので、普段されない方もぜひ試していただきたいものです。

ただし肌の弱い人は刺激が強過ぎることがあるので要注意。ちくちくするようなことがないように、あまり果汁を流さないよう、袋に入れるなどして入りましょう。

雑学6. 冬至の日は何をする?その2【食べ物】

「冬至の日にはかぼちゃを食べる」は今もかなり定着しています。

「冬至にかぼちゃを食べると中気(中風)にならない」とも言います。煮物にして食べるところが多いようですね。

また冬至に「ん」のつくものを食べると「運」を呼び込む、ということで、「なんきん」「れんこん」「ぎんなん」「うどん」などを食べる地域もあります。

ちなみに、あと「かんてん」「きんかん」「にんじん」の3つを入れて「冬至の七種(ななくさ)」と言うところもあります。ちょっと面白いですね。

また「冬至に小豆がゆを食べると疫病にならない」という風習も一部に残っています。


 
冬至といえば、「ゆず湯」「かぼちゃ」「昼がいちばん短い」くらいしか思いませんでしたが、ちょっと調べるといろんなことがあって興味がつきません。

年末の忙しい時期ですが、だからこそ、一日くらい伝統の行事を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

冬至のゆず湯についてはこちら↓の記事もどうぞ。

関連記事

冬至といえば、かぼちゃとゆず湯!ここではその「ゆず湯」に、もっと楽しく安全に入れるアイデアをお伝えします。ゆずには血行促進効果、保温効果、リラックス効果などがあります。具体的には以下のことに効果があると言われ[…]

ゆず風呂イメージイラスト


おすすめ記事(一部広告を含む)