知って得する!お役立ちCLIP

生活を彩る情報やお役立ちチップスをまとめました

ホットチョコレートとココアは違うの?ショコラショーは?

約 1 分

私はコーヒーはブラック党で、甘いコーヒーは苦手です。
でも甘いココアは大好きです(笑)



秋から冬にかけてのきゅっと肌寒い季節、温かいココアは本当に体を芯から温めてくれるし、その香りと甘さにすごく癒される気がします。

「大好きなあの人と二人で飲む」にも、ココアってなんだかとても似合う気がします(*^^*)。
ココア飲む
そんなココアですが、「ホットチョコレート」って言い方もあるのはご存知ですね。

はい、私も知ってました。ココアは何語かよくわからないけど、ホットチョコレートは同じことの英語だと。でも、うちの奥さんが「微妙に違うんじゃないの?」というので、調べてみました。

ホットチョコレートとココア、同じ?違う?

結果・・・「同じ」&「違う」。(笑)(^_^;

いや、茶化してるんじゃなくって、両方の意見が混在しているということです。

ちなみに、日本ではおそらくココアの権威と思われる、「日本チョコレート・ココア協会」のホームページから引用しますと

ココア(英:cocoa) / ホット チョコレート(英:hot chocolate)

「ココア」と「ホット チョコレート」の用語の厳密な区分はありません。慣用語として使われることが多いようです。
人によっては、「ホット ココア」は、飲みやすくするために、カカオ豆中のココアバターを減らした粉末ココアから作られ、「ホット チョコレート」は、ココアバターをより多く含んだクーベルチュール チョコレートから作られる、としています。


他にも調べましたが、やはり厳密な分け方はないようです。ホットチョコレート=ココアとしても、間違いとはいえません。

ただ、「日本チョコレート・ココア協会」にもありますが

ココア=粉末ココアをお湯や牛乳に溶いたもの
ホットチョコレート=チョコレートを砕いて牛乳に溶かしたもの
という違いを挙げる方も多いです。

粉末ココアはココアバターを減らしていますから、こってり感、濃厚さは ホットチョコレート>ココア ということになります。ホットチョコレートの方がチョコレート本来の味が強く味わえるということです。

スポンサーリンク



ホットチョコレートの作り方の動画をご紹介します。板チョコから楽しく作ってます♪



ショコラショーとは?

同じように使われる言葉で、ショコラショー(chocolat chaud)というのがあります。

ショコラショーはフランス語で「熱い・チョコレート」の意味で、ホットチョコレートと同じです。

作り方も、ショコラショーはチョコレートを溶かして作るので、まさにホットチョコレートそのものです。

今はおしゃれなカフェなどでメニューに「ショコラショー」となっているところも増えてきました。チョコレートの美味しさ、濃厚さを味わえる贅沢な飲み物とされています。

ホットチョコレート、ココアはカロリーが高い?

チョコレートと牛乳で作ったホットチョコレートは1杯約200kcal、ココアパウダーと牛乳、砂糖で作ったココアは1杯約160kcalです。

ごはん茶わん1杯が140g(235kcal)ですから、ホットチョコレート1杯はご飯1杯の約8割、ココアは約7割です。

チョコレートはカロリーが高いというのは知っていましたが、やはりホットチョコレート、ココアも結構なカロリーですね。美味しいからとたくさん飲んでいると太ってきそうです(>_<)。
ココアイラスト
ホットチョコレート(ココア)は体が温まり、心が癒されますが、同時に、カカオ豆に含まれるカカオ・ポリフェノールは、赤ワインよりも多く含まれており、動脈硬化を防いだりストレスに対する抵抗力が高まったりアレルギーに効果があったりします。

カロリーがちょっと気になりますが、こういう効果も見逃せませんね。



生クリームをたっぷり入れるとさらに濃厚でリッチな味わいが味わえます。

個人的には、ホイップクリームを乗せるのも楽しいし、アイスを浮かべるのも好きです。マシュマロもありですね。

抹茶チョコで抹茶ホットチョコレート、ホワイトチョコでホワイトホットチョコレートなんてのも楽しいです。

寒い日は、ホットチョコレート(ココア)で心まで温かくなりたいものです。(カロリーには気をつけつつ! 笑)


おすすめ記事(一部広告を含む)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ

よく読まれている記事

[sga_ranking]

最近の投稿