知って得する!お役立ちCLIP

生活を彩る情報やお役立ちチップスをまとめました

仙台ハーフマラソン2015!エントリーと日程、コースは?

約 1 分

新緑の仙台市内を走る仙台ハーフマラソン(正式名は仙台国際ハーフマラソン大会)は、今年2015年、第25回大会になります。

私にとって仙台は、10年以上前、奥さんと旅行に行った場所です。その時はマラソンがらみではありませんでしたが、本当にきれいな街で、一目で大好きになりました。

仙台国際ハーフマラソンがあるのを知ったのはその後で、まだ未経験ですが、あの美しい街を走ってみたいなぁというのは今もすごくあります。

今年25回大会のエントリーもすぐそこになってしまいましたが、この大会のエントリー方法や日程、コースなどをまとめてみました。参考にしていただければと思います。


昨年の大会ではNHKの『ラン×スマ』から、歌手の森山直太朗さんが参加され、その様子が8月に放送されました。私もそれを見て、すごく走ってみたくなりました。

 ※『ラン×スマ』の仙台国際ハーフマラソンの放送詳細はこちら
 http://www.nhk.or.jp/run/past/140531/de1.html



ラン×スマではありませんが、どちらかの局のニュースと思われる動画がありました。
大会の雰囲気がよくわかるのでご紹介します。(2013年の大会です)







日程とエントリー


大会は 2015年5月10日(日)です。

ハーフの部、5kmの部、2kmの部となります。

定員:合計で12,600人(前回と同じ)


エントリーは、出場種目によってエントリー期間が異なりますので、注意が必要です。

ハーフの部のインターネットエントリー開始は
2015年1月13日(火)夜20:00からです。


前回までは全て先着順でしたが、今回から変更され、ハーフの部で、先着順枠〈インターネット、7,000名〉と抽選枠〈郵便振替、1,500名〉の2つができるようになりました。

人気大会の先着順エントリーはあっという間に終わったりしますから、その受け皿として、抽選枠が設けられたのは大変嬉しいことです。とはいえ相当に激しい倍率になるだろうと予想されますが・・・どうなるでしょう(~_~;)


種目別にエントリーをまとめました。

ハーフ(一般の部)
方法:(1)インターネット【先着順】7,000名
   (2)郵便振替【抽選】1,500名
期間:2015年1月13日(火)(インターネットは20:00~)1月20日(火)まで

5km・2kmの部
方法:インターネット・郵便振替
【両方含め先着順】5km:2,000名 2km:500名
期間:2015年1月13日(火)(インターネットは20:00~)2月20日(金)まで

ハーフ(車いすの部)
方法:インターネット・郵便振替【両方含め先着順】100名
期間:2015年2月23日(月)(インターネットは20:00~)3月20日(金)まで



募集要項を希望の方は、希望枚数と返信用切手(1部82円、2部92円、3縲鰀6部140円)を貼った長3封筒を同封のうえ、事務局に請求してください。

【仙台国際ハーフマラソン大会実行委員会 事務局】
〒980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-3-9 3F
(公財)仙台市スポーツ振興事業団 事業推進課内
TEL 022-215-3203 FAX 022-215-3575
(月~金8:30~17:00/土・日・祝日休業)
E-mail:sendai_half@spf-sendai.jp

【仙台国際ハーフマラソン大会/車いすの部事務局】
仙台市役所 健康福祉局 障害企画課 TEL 022-214-8163
(〒980-8671 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目7-1)

・インターネットによるエントリーはランネットhttp://runnet.jpにて

参加料
 ハーフ/6,000円 5km/2,000円 2km/1,000円


 ※ランネット申込みの際、所定の手数料がかかります。
 ※郵便振替の場合、別途申込み手数料500円と振込手数料(窓口130円ATM80円)がかかります。

・上記以外に、陸連登録者の枠がありますが、省略しました。




コースは?


仙台市陸上競技場をスタートに、青葉通り、広瀬川、定禅寺通を通る、緑溢れる21.0975kmのコースです。
特に定禅寺通のケヤキ並木は「日本の道100選」にも選ばれている美しさで、このコース最大の名所と言ってもいいでしょう。

車で走って、ハーフのコースを6分半で紹介する動画がありましたので、掲載させていただきます。



仙台市内を走る様子がよくわかりますね。

大会を走ったランナーは、皆さん口を揃えて「気持ちいいコースだった!」と言われるそうです。

うん、わかる気がします。

全体を通して30mほどの高低差。感覚的にはフラットで走りやすそうです。道も広くてきれい。市街地ですが、決してビルばかりの寒々しい風景ではなく、本当に緑が多くてきれいです。大会がある新緑の時期にはとてもきれいだろうなぁと想像できます。本当に気持ちよく走れそうです!

15km地点を過ぎてちょっとアップダウンがあります。タイミング的にここが我慢どころになりそうですね。


詳細なコース図、高低図は大会公式ページをご覧ください。
http://www.sendaihalf.com/course/



会場へのアクセスは?


ハーフの部のスタートは、宮城野原公園総合運動場の仙台市陸上競技場。5km・2kmは榴岡公園で、スタートが違うので注意が必要です。

【宮城野原公園総合運動場】〈ハーフ〉

仙台駅からJR利用の場合
JR仙石線「宮城野原駅」下車 徒歩5分

仙台駅からバス利用の場合
宮城交通バス
 「仙台駅前」34番仙台港フェリーターミナル方面行、陸前高砂駅方面行
 「原町一丁目」下車 徒歩10分
仙台市営バス
 「仙台駅前」4番 系統番号300~349 志波町経由
 「二軒茶屋・東華中学校前」下車 徒歩8分
 「仙台駅前」32番 系統番号230~235 国立病院経由
 「宮城野原総合運動場前」下車 徒歩3分

【榴岡公園】〈5km・2km〉

仙台駅からJR利用の場合
JR仙石線「榴ヶ岡駅」下車 徒歩1分

仙台駅からバス利用の場合
仙台市営バス
 「仙台駅前」18番鶴ヶ谷方面行、34番多賀城方面行、35番福田町方面行、36番岩切・東仙台方面行、
 「原町一丁目」下車 徒歩4分


会場の地図はこちらでご覧ください。

大きな地図で見る




この大会は有名なトップアスリートも参加します。そういう人たちと一緒に走れるというのもこの大会の魅力のひとつです。

また「すずめ踊り」など、地元のいろいろなお祭りがイベントを盛り上げてくれるのも楽しいです。


記事を書いている今日(1月3日)からエントリー開始まであまり時間がないのですが、参加を検討されている皆さんはどうぞエントリーが始まったらすぐに申し込んでくださいね。

そして参加が決まったら、どうぞ楽しんで走ってください!

私も次回はぜひ参加したいと思います!!p(^^)q



スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ

よく読まれている記事

[sga_ranking]

最近の投稿