知って得する!お役立ちCLIP

生活を彩る情報やお役立ちチップスをまとめました

雨の日の洋楽!60’s70’sの名盤からおすすめの10曲!

約 1 分

まだ梅雨のシーズンには早いのですが、少し先取りして・・・(^_^; 

うっとおしい雨の日に聴くと、心安らいだり元気が出たり、そんな「雨の日に聴きたい洋楽」を10曲、選んでみました。

特に私が中学校から高校にかけよく聴いていた70’s80’sの洋楽シーンは、今思っても素晴らしい曲がたくさん出た時代でした。

その頃大好きだった多くの洋楽の中から、10曲厳選したのでご紹介します。

雨メイン

古い曲ばかりなのでそれぞれ少しアーティストの説明と、私の感想などを書きました。

なお著作権法に抵触する恐れがあるため、曲の動画が掲載できませんでした。YouTubeで検索し、聴いていただくか、Amazonで試聴ができるものについてはリンクをつけましたので、そちらで試聴してみてください。(ジャケット写真からAmazonにリンクします)


スポンサーリンク






『悲しき雨音』 カスケーズ /1962
The Cascades — Rhythm Of the Rain

出だしはいきなりの雷と激しい雨の音。そしてイントロが始まります。
恋する彼女に去られたつらい気持ちを雨に訴える、切ない歌ですが、メロディはとても穏やかでどこか懐かしさを感じる曲です。

同じ曲で、フランスの女性シンガー、シルヴィ・バルタンのフランス語版カバーもあります。聴くとまるで最初からシャンソン曲だったみたいで、こちらもとっても素敵です!
Sylvie Vartan — en Ecoutant La Pluie






『雨に消えた初恋』 カウシルズ /1967
The Cowsills — The Rain, The Park And Other Things

歌詞がよくわからないのですが、曲調はとても軽くハッピーな感じです。

雨の中でも心がうきうきしてくる、そんなイメージがあります。個人的に、何か自分のすごく幼い時の記憶が甦ってくるような・・聴くたびにとても懐かしさを覚える曲です。






『雨にぬれても』 B.J.トーマス /1969
B.J.Thomas — Raindrops keep falling on my head

1969年に公開された名作映画「明日に向かって撃て」の主題歌として有名です。

雨が降り続いて鬱陶しいけど自分は負けない、幸せな日はきっともう目の前なんだから。と希望に向かって強く歩むよう歌詞です。

歌手のB.Jトーマスはこの曲をきっかけに大きく成長したそう。作曲は映画音楽などを多数手がけたバート・バカラックです。






『雨』ジリオラ・チンクエッティ /1969
Gigliola Cinquetti — La pioggia

ジリオラ・チンクエッティはイタリアの女性歌手です。この「雨」は1969年に発表され、サンレモ音楽祭でも歌われ、日本で大ヒットしました。

2002年からのトヨタ・ヴィッツのCMソングに使われた曲、というと「聴いたことある!」と思われるかもしれませんね。
イタリア語なので歌詞は全くわかりませんが、流れるようなメロディが素敵で、元気が出る曲です。






『雨のささやき』 ホセ・フェリシアーノ /1969
Jose Feliciano — Rain

ホセ・フェリシアーノはプエルトリコ出身の、盲目の天才ギタリスト&歌手です。抜群のギターテクニックと伸びのある歌声に、私は中学生くらいの時、虜になりました。

「雨のささやき」は彼が1969年に発表した曲です。ラテン調の曲と超絶ギター、憂いを帯びた声が素敵です。

日本人の盲目のギタリスト&歌手、長谷川きよしさんは、和製ホセ・フェリシアーノと言われたりしました。






『雨の日と月曜日は』 カーペンターズ /1971
Carpenters — Rainy Days And Mondays

カーペンターズが1971年に発表した曲。多分誰もがどこかで聞いたことがあるのでは、と思います。

ゆったりとしたピアノに乗せて、カレン・カーペンターの澄んだ声がしみます。本当に美しい歌声です。「雨の月曜は憂鬱になるけど、いつもあなたのことを考えているわ」という恋の歌です。

元々はフィフス・ディメンションのために作られた曲ですが、カーペンターズがカバーしたそうです。カレン・カーペンターが早くに亡くなったことが今でも本当に残念です。


スポンサーリンク







『雨をみたかい』 クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル /1971
Creedence Clearwater Revival —Have You Ever Seen The Rain?

バンド名は長いので、「CCR」という省略した呼び方の方が通っているかもしれません。

CCRはアメリカ・カリフォルニア州出身のバンド。いわゆるサザンロックとかカントリーロックと言われたロック音楽の筆頭格です。

多くの有名な曲がありますが、活動していたのは1968年から72年までのわずか4年間でした。『雨をみたかい』は1971年に発表され、日本でも大ヒットしました。

雨や虹の風景が出てくるこの曲。実は、当のCCRの絶頂期と崩壊を歌った歌なのだと、作詞作曲のジョン・フォガティが話しているそうです。男性的な骨太な音楽が素敵で、元気が出ます。








『雨に唄えば』 ジーン・ケリー /1952
Michael Jackson – Ben

すみません。これはさらに古く50年代の曲で、1952年に公開された同名の映画『雨に唄えば』の主題歌です。

古い映画ですが、ジーン・ケリーがどしゃ降りの雨の中でタップダンスを踊るシーンはとても有名です。きっとあなたもご覧になったことがあるのでは?

曲調もとても軽やかで楽しく、雨=憂鬱 というイメージが多い中、雨=楽しい というイメージを作った最初の歌&映像なのでは、と思ってしまいます。




『雨にぬれた朝』 キャット・スティーヴンス /1976
Cat Stevens — Morning Has Broken

キャット・スティーヴンスはイギリスのシンガーソングライターで主として1960年代70年代に活躍しました。

この曲は元々、スコットランドの古い民謡を原曲とした賛美歌だそうです。私はキャット・スティーヴンスの歌でしか知りませんが、とても優しい声で語りかけてきて、聴いていて温かい気持ちになれる曲です。バックの演奏もピアノとアコースティックギターがメインで、美しいです。

アルバム『Very Best of Cat Stevens』に納められています。






『ナチュラル・ウーマン』 キャロルキング /1967
Carole King — (You make me feel like) A Natural Woman

今回取り上げた10曲の中で、唯一、雨がタイトルについていない曲になりました。

実際、ことさらに雨の情景を歌った歌ではないのですが、
Looking out on the morning rain, I used to feel uninspired.
朝、雨が降っているのを見ていても私は何も感じるものがなかったの・・ と始まるので、最後に加えました。

内容は「あなたは私をありのままの私でいさせてくれる。あなたを幸せにできるのなら、それ以上なにもいらない」というとても熱いラブソングです。(*^^*)

元々は1967年にキャロル・キング作曲でアレサ・フランクリンがヒットさせたそうですが、私はキャロル・キングのセルフカバー版しか知りません。キャロル・キングの優しい歌声にとても癒される、大好きな曲です。







まだ他にもご紹介したい曲はありますが、この辺にします。

雨の日は、ついうっとおしく思ったり、気持ちがふさいだりしがちですが、こういう時こそ、素敵な音楽を聴いて心地良くなりたいものです。

10曲上げた中には、雨が楽しくなるような曲、雨で心が洗われるようなに曲、切ない気持ちになる曲・・・いろいろありますが、どれも名曲だと思います。

ぜひ聴いてみてください!


こちらの記事では、友だち・友情をテーマにした洋楽のおすすめ曲をご紹介しました。よろしければこちらもどうぞ。
友情を歌ったおすすめの洋楽!70’sを中心に10曲ご紹介!


スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿