知って得する!お役立ちCLIP

生活を彩る情報やお役立ちチップスをまとめました

広島造幣局・花のまわりみち2016!日程と楽しみ方

2015年2月5日
約 1 分

造幣局の桜といえば大阪の「桜の通り抜け」が有名ですが、ここ広島造幣局(正式には造幣局広島支局)でも毎年同様のイベントが行われており、こちらは「花のまわりみち」といいます。

実は私の自宅から歩けるところでして・・(*^^*) 毎年とはいいませんが、結構行っています。

数年前、晩年の父と妻と3人で行ったのはいい思い出です。


花が散って葉桜になり、少し寂しく思う頃、ここではしっかり大振りの八重桜が楽しめます。ぜひあなたにも来ていただきたいものです。

今日はその様子や楽しみ方、その他詳細をお伝えします。

2016年4月16日追記
きのう行ってきましたので少し写真を撮ってきました。時間は16時頃です。

花のまわりみち全景3 花のまわりみち全景2 花のまわりみち全景1 花のまわりみち桜アップ
これ以降は去年行った時に撮ってきた写真です。去年はちょうど日が暮れる頃に行ったので、こんな感じにぼんぼりに灯りがともっていました。夜はまた夜で風情がありますよ。

IMG_1021 造幣局広島桜1 IMG_1024
最後の写真は敷地内に設置してある、昔の貨幣製造機です。
IMG_1010

造幣展示室も行きましたが、中は撮影禁止なので、撮れませんでした(^_^;


Sponsored Links



28年の詳細が発表されました。

広島造幣局の花のまわりみち、2016年はいつ?


4月13日(水)縲鰀4月19日(火)

時間は10:00縲鰀20:00 です。

夕方、日が暮れた後はぼんぼりと投光器でライトアップされます。
夜桜もなかなか素敵ですよ。



  • 入場料:無料

  • 桜の本数:60品種 218本

  • 来場者数:約6縲鰀7万人

  • トイレ:3か所(常設1、仮設1)

  • 住所:広島市佐伯区五日市中央6-3-1

  • 交通:JR山陽本線「五日市」駅北口から臨時バスが出ますのでこれを利用されるのが一番便利だと思います。(2番乗り場 10分/片道160円)
    花のまわりみち広電バス
       または広電バス「千同橋」または「五日市五丁目口」下車10分
          広電バス「佐伯区民文化センター前」下車5分

※駐車場がありませんのでJRまたは広電で行ってください。広電宮島線「佐伯区役所前」または「楽々園」から歩けなくもないのですが、20分縲鰀25分くらいかかります。散歩がてら町を見ながら歩くのもいいのですが、さすがに遠いかな・・・(^_^;


大きな地図で見る

問合せ:082-922-1597 造幣局広島支局総務課


禁止区域以外、敷地内を自由に散策できます。1時間くらいゆっくり桜を愛で、桜をバックに写真を撮るなどして楽しんでください。お年寄りの方や足の不自由な方のために、車イスが数台用意されているので、どうぞご利用ください。

会場内の飲食は禁止、また全エリア禁煙です。


去年行ったのは確か19時頃だったかと思いますが、ぼんぼりが点いていて、投光器の照明もあり、なかなか風情があって良かったですよ。(*^^*)

また、毎年「今年の桜」というのが決まります。今年は普賢象の一種「紅普賢象(こうふげんぞう)」という品種です。江戸時代の桜図譜・花譜に掲載されているそうです。

※こちらが桜のまわりみちの桜樹一覧表となります。
http://www.mint.go.jp/enjoy/mawarimichi/hana_a.html


Sponsored Links


造幣展示室を見学しよう!


広島支局では100円玉や50円玉などの「コイン」を作っています。敷地内には「造幣展示室」があり、江戸時代の大判・小判、古銭、そして明治初期から現在に至るまでにここで製造された硬貨など、いろいろなお金がずらりと並んでいます。

さらに、勲章、メダル、海外の貨幣も展示されています。10円玉や50円玉を麻袋に入れて10kg20kgなどにしたものも置かれていて、実際に持ってみることもできます。

ここまでいろんなお金に触れられるのは造幣局ならではです。桜を見る合間にぜひ立ち寄ってみてください。

・開場日:花のまわりみちの期間中は無休(通常は土日が休日)
・開場時間:花のまわりみちの期間中10:00縲鰀20:00(通常は10:00縲鰀16:000)
・入場料:無料



販売ブースで記念硬貨も買えます


造幣展示室では販売はありませんが、その北側の販売ブースにて、記念硬貨、貨幣セット、記念品などが販売されています。ここに来た記念に買って帰るのもいいですね。


コイン通りも楽しもう!


造幣局が面している道路は、通称「コイン通り」といわれ地元のお店が建ち並んでいて賑やかです。花のまわりみちの時には、お金に関係するグッズやおまんじゅうなどが売られています。

また、南に7、8分歩いたところのスーパー、イズミの入口には「金持神社」というのが作ってあったり、通りの左右に、金運が良くなるという動物の彫像が道の飾りとして点在しています。

「金持神社」で金運上昇を祈るのもいいですね!


通常のお花見が終った後、もう一度お花見が楽しめるのはとても得した気分です(笑)。

飲食禁止なので、シートを敷いてお弁当を広げて・・ということはできませんが、ゆっくり歩いて見たり撮影したり十分に楽しめます。

ソメイヨシノの風情とはかなり異なりますが、色鮮やかで量感に満ちた八重桜はとてもきれいです。ぜひ楽しんでくださいね!(土日はかなり混みますので可能なら平日の方がゆっくり見られます)



造幣局大阪支局の「桜の通り抜け」の記事はこちらをご覧ください
大阪造幣局・桜の通り抜け2016!日程と楽しみ方

広島市内の桜のおすすめスポットはこちらの記事をご覧ください
2016年に広島市で桜を見るならココ!おすすめスポット10



Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿