知って得する!お役立ちCLIP

生活を彩る情報やお役立ちチップスをまとめました

小豆島オリーブマラソン2016!コースと詳細・楽しみ方

2014年11月21日
約 1 分

小豆島はオリーブの産地として大変有名で、瀬戸内海の美しい風景と相まって観光スポットとしても人気が高いところです。

ランニングファンとしては、この小豆島で毎年5月に開催される「小豆島オリーブマラソン」も、ぜひ一度は参加しておきたい大会の一つです。


私は奥さんと一緒に、5年前・2010年の大会に参加しました。

当日は残念ながら雨でしたが、前日から旅行も兼ねて、楽しい2日間でした。


おととし参加された方がアップされた動画です。雰囲気がよく伝わるのでご紹介します。
(走りながら撮影されるなんてすごいですね!)



今年2016年は「第39回」となります!


Sponsored Links




開催日とエントリー日程


正式な日程が始まりました。エントリーも2月18日から始まりました。

ここも人気の大会です。参加をご希望の方は早めの申し込みをしてくださいね。


■日程 2016年5月22日(日)

■エントリー
ランネット 2月18日(木)縲鰀 3月4日(金)

郵便振替 2月18日(木)縲鰀 2月26日(金)

※先着順で定員になり次第締切られます。


■参加募集/5,000名(ハーフ、10km、5km)

■参加料/4,000円(お昼のお弁当を含みます)

お申し込み・お問い合わせ
〒761-4492 香川県小豆郡小豆島町安田甲144 – 90 小豆島町役場内
小豆島オリーブマラソン全国大会事務局
TEL・FAX(0879)82-2900 
E-mail som24@quartz.ocn.ne.jp
(2月18日(木)から。電話は平日9:00縲鰀17:00 土日祝日休業)

開催要項PDFはこちら




コースは


コース図を描きましたのでご覧ください。

小豆島コース


メイン会場は坂手港近くの坂手港町営広場です。

【5km】県道28号から249号に入り、内海湾沿いの道をしばらく行って折り返すコース

【10km】県道28号をそのまま北上、マルキン醤油のそばを通り、国道436号線をぐるりと内海湾を半周まわったところで折り返します。

【ハーフ】前半は10kmと同じ。後半は内海湾を右手に、西に。
丸山鼻から二十四の瞳のロケ地まで行って、折り返します。


少し記憶があいまいですが、コースはほとんどが県道・国道ですから走りやすく、一部若干のアップダウンはありましたが、概ねフラットだったと思います。海を見て走るところが多いし、町内も風情のある建物が多く、景色はとてもいいです。

大会が晴れた日だったら、日光対策をした方がいいかもしれません。


Sponsored Links


交通アクセス


小豆島へは各地から船のルートがあります。オリーブマラソン参加者もかなり広範囲な各県から来られるようです。せっかくですから船旅気分も味わいたいところですね。

私は広島なので、新岡山港から土庄着で行きました。

小豆島フェリー航路

■神戸・大阪方面から
JR姫路駅→姫路港→小豆島(福田港)※四国フェリー 1時間40分
または
JR神戸駅→神戸新港→小豆島 ※小豆島ジャンボフェリー 3時間 

■赤穂・相生方面から
JR赤穂線日生駅→日生港→小豆島(大部港)※瀬戸内観光汽船 1時間

■岡山・広島方面から
JR岡山駅→新岡山港→小豆島(土庄港)※両備フェリー、四国フェリー 1時間10分

■四国(高松)から
JR高松駅→高松港→小豆島(土庄港)※国際フェリー フェリー1時間/高速艇30縲鰀45分
JR高松駅→高松港→小豆島(草壁港)※内海フェリー フェリー1時間/高速艇30縲鰀45分
JR高松駅→高松港→小豆島(坂手港)※小豆島ジャンボフェリー フェリー1時間10分/高速艇40分


※臨時船
大会当日の朝、高松港縲恪竡闕` の臨時船(第三ひなせ丸)が出ます。
[行き]高松中央埠頭発6:50 ⇒ 坂出港着8:20
[帰り]坂出港発14:00 ⇒ 高松中央埠頭着15:30
料金 大人往復2,000円 小人往復1,000円

大会要項に添付してある振込取扱表で申し込んでください。(期限はマラソン参加締切と同じ)

※駐車場
臨時船に乗る方に限り、300台分の駐車場が用意されています。

従来あったテント村は廃止になりました。


宿泊


この大会は、1泊して観光を兼ねて参加、という人が多いのではないでしょうか。
私たちもそうでしたし、観光スポットも多いですから、それをオススメします。

ホテルは、会場近くの坂手周辺、オリーブ公園もある小豆島町周辺、西の土庄周辺などにたくさんあります。

大会前夜、坂手のホテルはかなり前から予約でいっぱいになりますので、そういう意味も含め、土庄や小豆島町で泊まるのもいいのではと思います。

私たちはオリーブ公園内にある「うちのみ」というコテッジタイプのホテルに泊まりましたが、とても素敵でしたよ。

坂手以外だと当日朝が少し忙しいですが、すごく遠いわけでもありません。



大会詳細



・開催日:2016年5月22日(日)
・種目:5km・10km・ハーフ(ハーフの時間制限・3時間)
・メイン会場:坂手港町営広場

・参加人数:5,000人(先着順)
・参加料:4,000円(お弁当代含む)
・ランナーズチップ:あり(5月初旬に郵送されてきます)
・開会式:9:00縲彌r
・スタート時間:ハーフ10:00、5km 10:07、10km 10:14

・参加賞:地場産品など
・オリーブマラソン名物の手延べそうめんも振る舞われます。

・お問い合わせ:香川県小豆郡小豆島町安田甲144-90 小豆島町役場内 
 TEL&FAX 0879-82-2900


私が参加した回はあいにくの雨で残念でしたが、晴れていたら本当に景色が素晴らしいと思います。そしてなにより、沿道の皆さんの応援がとても大きく嬉しかったです。


大会詳細の最後に、昨年の結果を掲載します。


第38回大会結果
(各部門1位と2位まで/グロス)

■5km男子
 29歳以下 1位16′ 58″ 2位17′ 50″
 30歳代 1位16′ 42″ 2位17′ 07″
 40歳代 1位17′ 00″ 2位17′ 16″
 50歳代 1位17′ 53″ 2位19′ 25″
 60歳代 1位18′ 42″ 2位19′ 24″
 70歳以上 1位21′ 57″ 2位22′ 04″

■5km女子
 29歳以下 1位19′ 27″ 2位20′ 26″
 30歳代 1位20′ 56″ 2位21′ 37″
 40歳代 1位21′ 29″ 2位21′ 45″
 50歳代 1位21′ 11″ 2位21′ 51″
 60歳以上 1位23′ 45″ 2位23′ 55″

■10km男子
 29歳以下 1位34′ 31″ 2位35′ 05″
 30歳代 1位34′ 14″ 2位34′ 17″
 40歳代 1位33′ 48″ 2位34′ 35″
 50歳代 1位41′ 31″ 2位41′ 45″
 60歳代 1位38′ 28″ 2位41′ 24″  
 70歳以上 1位43′ 58″ 2位45′ 28″

■10km女子
 10km女子29歳以下 1位40′ 49″ 2位42′ 43″
 10km女子30歳代 1位41′ 51″ 2位43′ 10″
 10km女子40歳代 1位41′ 37″ 2位43′ 23″
 10km女子50歳代 1位42′ 47″ 2位46′ 19″
 10km女子60歳以上 1位43′ 49″ 2位50′ 39″

■ハーフ男子
 29歳以下 1位1h13′ 20″ 2位1h14′ 06″
 30歳代 1位1h15′ 12″ 2位1h15′ 24″
 40歳代 1位1h16′ 50″ 2位1h18′ 28″
 50歳代 1位1h20′ 18″ 2位1h21′ 18″
 60歳代以上 1位1h24′ 42″ 2位1h30′ 13″

■ハーフ女子
 29歳以下 1位1h32′ 54″ 2位1h41′ 10″
 30歳代 1位1h24′ 57″ 2位1h35′ 45″
 40歳代 1位1h29′ 09″ 2位1h37′ 49″
 50歳代 1位1h31′ 29″ 2位1h36′ 29″
 60歳代以上 1位1h40′ 50″ 2位1h43′ 22″

やはり結構暑かったようですね。万一の事故の際、沿道の監視員さんが少ないことを心配されているレポートがありました。




観光

オリーブマラソンに行くならできれば観光を楽しみたいものです。
レンタサイクル店も各所にあるので自転車でまわるのもいいですね)

小豆島の主な観光スポットをご紹介します。

  • 二十四の瞳「二十四の瞳」映画村
    壷井栄の「二十四の瞳」を映画化した際のロケ地が残されています。古い教室を感じたり、昔懐かしい給食が楽しめます。
  • マルキン醤油記念館
    小豆島はから醤油の製造が盛んでした。ここの蔵は明治期に建てられたもので有形文化財に指定されていると共に、江戸時代後期から続く小豆島の醤油作りの歴史が体験できます。
  • オリーブ公園オリーブ公園
    世界の各種オリーブに触れられると共に、オリーブのの歴史や産業、オリーブを使った料理や商品が楽しめる、一大オリーブランドです。
  • エンジェルロード
  • エンジェルロード
    潮が引いた時、砂の道が現れて島が繋がって歩けます。道の真ん中で大好きな人と手を繋ぐと願いが叶うそうですよ。
  • 寒霞渓
  • 寒霞渓
    日本三大渓谷美の一つとされています。車でも登れますがロープウエイを使って景色を楽しみながら上がるのがオススメ。奇岩や渓谷の美しさが堪能できます。
  • パワースポット
    小豆島にはいろいろなパワースポットがあります。そのパワーをもらって帰るのもいいですね!

    豆島霊場第七十二番札所 瀧湖寺(りゅうこうじ) 奥之院笠ヶ瀧寺(かさがたき)
    宝生院(ほうしょういん)のシンパク
    小瀬の重ね岩
    岩ヶ谷(いわがたに)の天狗岩(てんぐいわ)
    洞雲山(どううんざん)
    小豆島八十八ヶ所霊場第八番札所 常光寺 奥之院 碁石山 (ごいしざん)



おみやげ

おみやげはやはりオリーブ関連品が主になります。


私たちはオリーブオイルオリーブグラッセ(お菓子)を買って帰りました。

オリーブソフト
その他にもオリーブの新漬け、オリーブの化粧品、オリーブサイダーなどいろいろあります。

オリーブソフトもいいですね!(#^.^#)



ランニング&観光で楽しむなら、この大会はかなりオススメできます!

行かれる方はたくさん楽しんできてくださいね!



Sponsored Links

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 2015年のオリーブマラソンに出たいと思い、ネット検索してましたらmakkeyさんのブログにたどり着きました。とてもわかりやすくて、大会出場がより楽しみになりました。ありがとうございます(^^)

    • mimoriさん
      macckeyです、こんばんは。コメントありがとうございます。

      オリーブマラソン、出られるんですね!
      私の記事がお役に立てたようでほんとよかったです!
      記事を書いていて、喜んでいただけると
      本当に嬉しいものですね。(*^^*)

      オリーブマラソンはとてもいい大会だと思います。
      ぜひ楽しんできてください。

      私は今年は行きませんが、行きたいと言っているラン友がいますし、
      来年あたりまた行ってみたいなぁと思います。

      よかったら行かれた感想など、ぜひ聞かせてください☆

      これからも、マラソン情報、また、それ以外のいろんな情報も
      いろいろ書いていきたいと思っています。
      ぜひまたお立ち寄りください♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿