知って得する!お役立ちCLIP

生活を彩る情報やお役立ちチップスをまとめました

無呼吸症候群の治療の方法は?私の経験をお伝えします

2014年9月16日
約 1 分

私は以前からいびきが大きく、昼間眠くなってしまうことが多くありました。ある時、意を決して睡眠外来のある内科に検査を受けに行きました。


その時の検査の様子は別記事に書きました。よろしければそちらもお読みください。
無呼吸の検査とは?一泊入院での様子を体験レポート!

眠いイラスト

結果、中程度の睡眠時無呼吸症候群とわかり、それを受けて私もいくつかの治療に挑戦しました。その方法と、費用の目安を書きました。気になってらっしゃる方はぜひ参考にしてください。



睡眠時無呼吸症の一般的な治療方法


睡眠時無呼吸症はなかなか根本的に治すのが難しいですが原因によってそれぞれ治療法があります。

  • (1)肥満が原因の人

    まず肥満を治すのが先です。肥満が解消され、喉の周りの脂肪がとれれば睡眠時無呼吸症も自然に治癒することが多く見られます。

    さらに、CPAP(後述)、スリープスプリント(一種のマウスピース/後述)を併用することもあります。

    CPAPは病院で規定に達する無呼吸状態または弱呼吸状態があれば保険適用となります。機械一式をレンタルして、月額約5000円です。

  • スリープスプリントは歯医者さんで作ってもらうのですが、保険適用で3万円〜4万円程度です。
    これは一度作れば歯の治療などで歯形が変わらない限り、ずっと使えます。


  • (2)舌が大きい人、喉が細い人

    外科的に、舌の一部を切除したり、喉を広げたりする手術という方法があります。ただし、術後に誤嚥を起こしやすくなることもあるので、あまりお薦めできません(友人の耳鼻科医が言ってました)。
    →CPAP、スリープスプリントが一般的です。

  • (3)口呼吸や仰向けに寝る習慣のある人

    これらの習慣も喉を塞ぐことにつながるのでなるべく治す必要があります。寝ている時のことなので難しいですが、なるべく横を向いて寝るとか、鼻で呼吸をする癖をつけることで、睡眠時無呼吸症の改善につながります。
    副鼻腔炎などの鼻の病気がある人(私もそうです)はそれを治すことで、睡眠時無呼吸症の軽減にもつながりますので、耳鼻科に相談してみてください。


Sponsored Links



睡眠時無呼吸症の治療の主役となるのがCPAP(シーパップ)スリープスプリントです。私は両方とも試しました。


私が試した治療・その1 CPAP


CPAPは、小型の酸素マスクのようなものに、空気を送る機械がついたものです。寝る前にしっかりと鼻と口を覆うように装着し、頭に固定します。

本機のスイッチを入れると自分の呼吸に合わせて、少し強めの空気が送られてきて自然に呼吸するのをサポートします。


ただ・・・

以前に較べ、マスクも本機も小さくなりましたが、やはりマスクを装着して眠るのは正直なかなか慣れません

寝返りはうてますが、うつぶせになって寝るのはできません。

さらに、私の場合はですが、自分の呼吸と機械からの空気がうまく合わなくてすごく苦しい思いをしました。

それがちょっとトラウマになってしまって、結局この治療は試用段階でやめてしまいました。


とはいえ、CPAPは今も睡眠時無呼吸症でいちばんに試される治療法です。これですごく軽減されたという人も多いですから、この病気で悩まれている人は、一度試してみるのもいいと思います。機械も年々改良されているはずです。(CPAPを使用する際はお医者さんから細かい説明や指示があります)


Sponsored Links



私が試した治療・その2 スリープスプリント


スリープスプリントは、歯の下半分に装着する入れ歯のようなものをイメージしてください。

これを装着すると下顎が少し前に出るような形になります。この形になることで、喉が少し開いた状態になり、呼吸がしやすくなります。

これは歯医者さんで作ってもらいます。私は歯の治療に合わせ、2度作ってもらいましたが、技術が進んでいて、2回目のは特にずいぶん小さく使いやすくなりました。


CPAPに比べれば大げさでないし、寝返りを打つのも問題ないですし、使いやすいです。

ただ、これも最初は無理に顎の位置を変えることで違和感があって寝にくいものです。ここは慣れるしかありません。

長く使えばCPAPより費用が安くて済みますが、歯の治療などで歯形が変わったらスリープスプリントも作り直さなくてはいけないというデメリットがあります。


病院での治療は、基本的にCPAP、スリープスプリントがほとんどですが、最近は睡眠時無呼吸症用の枕も販売されています。比較的安価で購入できるので、そういうものも試されてもいいかもしれません。


私にはCPAPは合いませんでしたが、今後またスリープスプリントを使っていこうと思っています。

睡眠時無呼吸症は眠くなって困るだけではなく、交通事故の原因の一つにもなってますし、最悪突然死を招くこともある怖い病気です。

気になる人はぜひぜひ、早めに専門医を受診してください!


私も引き続き気をつけます。(^^)v



Sponsored Links

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿